セルライトローラーの正しい使い方−力任せでは逆効果に!−

セルライト除去に効果的なマッサージとして有名なのはエステサロンで行うリンパマッサージがありますが、もっと手軽に自宅で行えるものとしてマッサージローラーを使ったセルライト対策があります。
セルライトローラーは凝り固まってしまったセルライトを揉みほぐし、燃焼させるのに効果的な美容ローラーで、自宅で簡単に行える手軽さが人気です。
自宅でセルライトをハンドマッサージでケアするにも手が小さかったり、力が弱かったりするとセルライト除去や脂肪燃焼の効果が得にくいですが、セルライトローラーを使用することで簡単に脂肪やセルライトに働きかけることが出来、自宅でも継続していくことで効果が得られるようになります。

 

ローラーを使ってマッサージをするタイミングとしてはお風呂上がりや運動終わりの体が温まった状態の時に行っていくことで、脂肪燃焼作用が高まり効果を得やすくなります。
また使い方を間違えて力いっぱいローラーでマッサージを行ってしまうと毛細血管が切れてしまい、血流が悪くなり、代謝が低下してしまうこともあります。
そうなってはせっかくダイエット効果を狙ってマッサージを行っているのに逆効果となってしまうので注意が必要です。

 

使い方はリンパの流れに沿って心地よい刺激が得られる程度の力加減で、心臓より離れた箇所から心臓の方に向かって流していくように行っていきます。
こうすることで、リンパの流れも活性化され燃焼した脂肪が老廃物と一緒に排泄されて痩せやすくなります。

 

量販店などに行けば様々なタイプのセルライトローラーが販売されていますが、ゲルマニウムを使ったものやソーラーパワーの微弱電流を使ったローラーの方が美肌効果も得られるのでおすすめです。
もちろん肌に合う、合わないもあるので、色々試してみて自分の肌に合うタイプのものを選ぶようにしましょう。